通常背中の状況をチェックする

背中というのは、痩せようと思ってもなんだか痩せられない店ですよね。
私もいよいよ背中に肉がついているのが気になるので、再び肉を落としてスッキリとした背中になりたいなぁといつも思っています。

こちらが背中痩せのために心がけているのは、動向を良くするについて。
元々前屈み傾向なので、意識して動向を直すだけでも相当違うんじゃないかな…としています。
あとはチューブとして行動をしています。
なかなか背中を鍛え上げるのは厳しいんですよね。それでも、チューブを使うことで効率的に背中を鍛えられるんじゃないかなと思っています。

具体的には、チューブを短目にとって(ひじは90度に曲げた通り)、背中を指しながら上下させるという動作をよくしています。
これが、かなり肩甲骨知人を刺激して受け取るんですよね。

取り敢えず背中のどこに効いているかを意識しながら行うことで、効果が出るように思っています。
指しながら鍛え上げるようになった結果、背中のぜい肉もだいぶ少なくなってきました。
それに、背筋も大層付いてきたようです。

けれども私の意思はちょっと上にあります。無駄なぜい肉のない、スッキリとした背中になりたいのです。
なので、行動の種類を更に増やさないといけないかなぁは思っています。
今考えているのは、腕立て伏せの逆部門。おなかを際限に関して腕立て伏せすると、のほほんと背中に効くような気がします。

普段はテレビジョンを見ながら腹筋をしたりしているのですが、これからは背中痩せのために「逆部門の腕立て伏せ」を通じてみてもいいかな…と考えています。

どちらにしても、通常背中の状況をチェックするのがトップ大事ですよね。
通常チェックすれば「さっと太ったな」とすぐに考えづけるので、フィットもたちまちできると思います。
これからは、鏡で背中調査を務め化させたいなと思っています!ラシックス

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です