漢方に強い医者から言われたのです

僕は昔から病気を通していて健康には気を使っておるヒューマンなのですが、最近になって新しくやることがあります。
一つは、生姜紅茶を飲んでいることです。漢方に強い医者から言われたのですが、胃腸には生姜が良いとのことで、漢方薬にもぐっすり使われているとか。そこで求められたのが、冬季なので甘酒に混ぜて飲み込むというやり方でした。すっと心がけるも、これはダメです!漢方で小学校のうちから苦みに慣れた私の下でも、あの不味さは放棄でした。
他に何かシンプル製法はない売り物かと考えていたら、生姜紅茶を親から勧められました。確かにそういうものは起こるなと見なし、やってみると普通に上手くいただけました。
コツは、紅茶に砂糖って蜂蜜をたっぷりと入れ、劇甘にしておくことです。生姜を擦り付けるのは面倒なので、チューブに入った生生姜をスプーンでほぐしながら加えるといったベターです。冬季は温まりますね。冷え性の方にも良いのではないでしょうか。
そうしていまひとつやる、というかやりたいことは、早起きだ。至って単純なことなのですが、職務が昼過ぎからにつき早起きするのにはマジ強い気持ちが必要です。最もこういう寒い時期には。
やり方は、寒くて布団に丸まらないように起きる時間に暖房をセットしておくことと、時計代わりに並べる携帯を、ベッドから出ないと止められない席の上に据え置くことです。
目を覚ましても二たび寝してしまうので、一度外へ出てしまえばよいのではないかという考えからやっています。ただしこれはまだまだ成功通りがけで、またベッドへ戻ってしまうことがあるので何かしら考案がいまひとつ必要です。夏にはカーテンを開けていましたが、冬季は寒いので他の方法で手法を打ちたいなと思っていますバイアグラ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です