血行が良くなり冷えも改善

不妊治療や妊娠初期に有効と言われるラクトフェリンは、細胞分裂を助けて造血作用を高める効果があります。

この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

不妊の要因としては、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側の原因とが考えられるでしょう。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決し立ところで不妊が治るかというとそれは疑問です。ライオン ラクトフェリン

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが、とても重要な意味をもつのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です