探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ出会いが発見された

同一電話番号から電話を頻回に電話が掛かってきていたりまた電話をかけ直していたりするとその電話の相手が出会い相手という確率はある程度間違いないと思われます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を調べればいいのですね。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、出会い相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ出会いが発見された時、離婚するかしないか決めかねますよね。

まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその出会い相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って出会い現場に踏み込むのも良いでしょう。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは喧嘩になりやすいので、避けたいところです。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。

食事をした際に店で発行する領収証にはご飯を一緒に食べた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、出会いの動かぬ証拠となるでしょう。

ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目を通すようにします。

出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたと判断される事があります。

探偵が気づかれないようにしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、出会い調査が難しくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

出会い調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。

うまく行かなかったときの報酬についても、調査する前に決めておくことが大事だと言えます。

携帯電話の通話履歴から出会いの証拠がつかめます。

出会い相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、やはり出会い相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。

オタクが婚活して何が悪い?オタク同士でマッチングしよう

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です